話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » ルイボスティーの成分・効果 » ルイボスティーの抗酸化と活性酸素除去作用

ルイボスティーの抗酸化と活性酸素除去作用

ルイボスティーに含まれる「ケルセチン」という成分は、活性酸素の除去、抗酸化作用があるとして知られています。ここでは、ケルセチンの効能などについて詳しくご紹介します。

ルイボスティーに含まれているケルセチンとは

ケルセチン

ケルセチンとは、フラボノイドの一種で玉ねぎやりんご、ブロッコリーに含まれています。黄色い色素を含んでいるため、天然の染料として知られています。

さらに、ケルセチンはビタミンと似た作用があります。血液と深い関係のある抗酸化作用など、さまざまな働きがあります。

ケルセチンの歴史

ケルセチンという名前は、ラテン語の「Quercus(オーク)」が由来です。このオークは、ブナ科コナラ属に分類される落葉樹です。

1990年頃に、ポリフェノールの健康効果が注目されるようになりました。その後研究開発が進み、現在ではサプリメントとして多くの人に愛用されています。

ルイボスティーに含まれているケルセチンの効果

ルイボスティーに含まれているケルセチンによる効果は、下記の通りです。

抗酸化作用・動脈硬化予防

ケルセチンに含まれる抗酸化作用には、血液の赤血球にダメージを与える活性酸素を除去する作用があります。

通常、血液を流れる赤血球は、細い血管でもスムーズに流れるように自由自在に変形する柔軟性を持っています。

しかし、活性酸素のダメージを受けると、柔軟性を失ってしまうので血液の流れが悪くなり、動脈硬化が起こる可能性が高まるのです。

コレステロール低下作用

健康診断で、「コレステロールが高い」と注意される人も少なくないでしょう。

コレステロールには、「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」の2種類があります。

血中でコレステロールが正常に働くには、この2種類のバランスが保たれていることが重要となり、必要不可欠な存在です。

しかし、悪玉コレステロールが血中に増えすぎると、動脈硬化などを引き起こす原因になります。

このような場合に、ケルセチンを積極的に摂取することで、抗酸化作用を強化させて活性酸素のダメージを防ぎ、血流を改善・血管の健康を促してくれます。

次は、ケルセチンの抗酸化作用について詳しくご紹介します。

そもそも「酸化」とは?

酸化とは、ある物質が酸素と結合することです。

食べものが酸化すると、味や風味が落ちるのと同じように人間の身体の中でも酸化は起こります。人間の場合だと、細胞を構成するたんぱく質や脂質も酸化してしまいます。

酸化の原因となる「活性酸素」

活性酸素は、酸化させる力が非常に強力で、私たちの身体の中に入り込んだ細菌類を殺菌・駆除してくれる役割があります。

ただ、この活性酸素は酸化力が強いので、増えすぎると細胞にダメージを与えてしまいます。そうすると、身体の老化が早まり、お肌のトラブルであるシミ・シワの原因になります。

ケルセチンで体内の環境を整える

活性酸素は、すべてが悪いという訳ではありません。しかし、不要な分はしっかり取り除くことが勧められます。

ケルセチンを効率的に摂取できるルイボスティーなら、無理せずに飲み続けられます。ケルセチンを摂り入れて、健康な体内環境を維持しましょう。