話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » ルイボスティーの効果・効能ぜんぶ見せます » 糖尿病・痛風

糖尿病・痛風

代表的な生活習慣病である糖尿病・痛風の改善効果が期待されているルイボスティーの効能や口コミについて説明しています。

糖尿病や痛風改善に効くルイボスティー

最近の研究結果では、ルイボスティーを食事中に飲むことで、食後の急激な血糖値の上昇を抑制し、更に血液中の尿酸値を減少させる効果があると言われています。

また、継続的に摂取することにより、血液中の血糖値と尿酸値を緩やかに保つ効果があり、糖尿病予備軍の予防対策にも効果的です。

飲んだ人からの口コミ
  • 糖尿病検査で受診した所、HbA1cが7.3もあり、ルイボスティーをしばらく飲み続けて再度検診したところ6.4まで下がっていました。他に何も飲んでないので、ルイボスティーの効果だと思っています。これからも飲み続けたいと思います。
  • 娘にすすめられて最近飲み始めましましたが、食後の血糖値を測ってみてびっくり、更に、1ヶ月、2ヶ月と使い続けると少しずつ血糖値が下がり、体調が良くなりました。これからも健康維持のために続けたいです。
  • 昨日、バイキングに久々に行って、ルイボスティーを飲みながら食べていました。いつものように食後に血糖値や尿酸値があがって、また足が痛くなると覚悟したのですが、全く痛みもせず食後数時間しても大丈夫でした。

糖尿病・痛風の症状

糖尿病は国民の4人に1人が予備軍だといわれています。

糖尿病は発症すると完治することはなく、さらに高血糖状態が続くと、網膜症が原因での失明や腎臓障害、神経障害など、いろいろな合併症を引き起こします。

血糖値を上手にコントロールすることができれば、糖尿病はこわい病気ではありません。そのためには食事療法や運動療法が必要です。症状によっては、薬を使用することもあります。

糖尿病のタイプは2種類

糖尿病は体内のインスリン分泌に問題が起き、うまくエネルギー代謝ができなくなり、血糖値が高くなってしまいます。

糖尿病には1型・2型の2つのタイプがあります。

  • 1型糖尿病は、生活習慣が原因ではなく、自己免疫性疾患が原因で起こります。膵臓でインスリンを作り出す細胞を、自らの免疫細胞が攻撃する事によって起きる症状です。
  • 2型糖尿病は、食べすぎによる肥満や、運動不足といった生活習慣が原因で発症します。血液中に存在するブドウ糖が多すぎるため、膵臓でインスリンを作り出す細胞の機能が低下してしまいます。さらに、高血糖状態が続くと合併症を引き起こし、さまざまな病気の原因になります。

痛風の症状

痛風は、風に吹かれただけでも痛いという意味からそう呼ばれています。

プリン体が体内で尿酸にかわり、血液中の尿酸値が高い状態が続いた結果、血液や細胞に溶けきらない尿酸が結晶となり、この尿酸結晶を白血球が攻撃します。

白血球が攻撃時に放出する活性酸素などの物質が、腫れや赤みなどの激痛を伴う炎症を引き起こします。