話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » ルイボスティーの効果・効能ぜんぶ見せます » 水虫

水虫

しつこい水虫の改善が期待される、ルイボスティーの効果について説明しています。

ルイボスティー効果について

ルイボスティーは健康やダイエットに効果的なイメージですが、実は水虫にも効果があるといわれています。 

効果

ルイボスティーは、体内において増え過ぎた活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

ルイボスティーを飲むことにより体内の免疫力が向上し、水虫の感染予防や症状改善に効果的です。

さらに飲むだけではなく、ルイボスティーを煮だして10倍に濃縮したものと、薬局で売られているアルコール液を混ぜたものを、直接患部にスプレーしている方もいます。

飲んだ人からの口コミ
  • 一緒に飲んでいた夫の水虫がよくなったのは正直ビックリでした。私も不妊治療のため、少しでも体質改善ができればと飲み始めたところ、持病のアトピーも良くなりました。
  • 以前から水虫で悩んでいましたが、飲み始めて数か月してだんだんとかゆみがなくなり治りました。ルイボスティーのおかげだと思います。
  • 我が家も10何年間ルイボスティーを飲んでいます。父がなかなか治らなかった爪白癬が治ったと喜んでいました。私も美容やアンチエイジングに良いと聞いて、飲み始めました。ニキビも減りお通じもよくなり、とっても助かっています。

水虫の原因

水虫はカビの種類である白癬菌が、皮膚に感染して起きる病気です。

水虫は身体の皮膚部分ならどこでも感染しますが、9割は足に感染します。足に水虫が多いのは、靴を履くために内部が蒸れて、繁殖しやすい環境なることが原因です。 

最近では、ブーツなど履く機会が多い女性にも水虫に感染する方が増えてきています。

感染経路

水虫に感染している人から白癬菌に感染した角質がバスマットや畳、じゅうたんなどに付着して、その落ちた角質を足で踏むことにより、付着して感染します。

水虫を予防法するには

  • 家族に水虫がいる場合は、タオルやバスマットの共用は避ける。
  • 温泉やプールなど公共施設では、バスマットを使わず、帰宅後は水で足を洗い十分乾燥させる。
  • 爪切りを共用しない
  • 毎日同じ靴を履かない
  • 裸足でスリッパを履かない

白癬菌に感染した角質が皮膚に付着しても、24時間以内によく水で洗い流せば感染しないといわれています。

日頃から清潔を心がけていれば、水虫になりにくいということですね。

水虫の対策・対処法

水虫は男性・女性関係なく誰にでもなる可能性のある症状です。

一般的に「水虫」と呼ばれているものは,白癬菌と呼ばれるカビが足の皮膚の一番外側にある層(角質層)に寄生して起こる病気のことである.医学的には水虫のように白癬菌によって起こる病気は「白癬」と呼ばれている.この白癬菌は,皮膚の角質層を構成する成分のケラチンというタンパク質をケラチナーゼという酵素で溶かし,栄養源としている.つまり水虫は,ケラチンがあれば足や手だけでなく,皮膚の一部である爪や毛髪まで体のどこにでも寄生する可能性がある.

出典:『薬物動態/薬力学パラメータ解析による水虫治療薬の薬効評価』名古屋大学大学院医学系研究科
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/125/5/125_5_291/_pdf

きちんと通院して治療すれば、数ヶ月で完治するケースがほとんどなのですが、菌を完全に殺してしまう前に治療を止める人がとても多く、その結果、何年も悩まされ続けているという話をよく聞きます。 また、体質や生活習慣が大きく関係していると言われており、それによって繰り返し感染するケースもあります。

水虫対策

水虫対策に有効と言われているものをまとめました。

家に帰ったら足を洗う

足の指の間まで石鹸でよく洗うことで、足についている菌を洗い流すことができます。

足をよく乾燥させる

水虫菌は高温多湿が大好きなので、日ごろから足は乾燥させておくように心がけましょう。

通気性の良い靴を選ぶ

通気性の良い靴は、靴の中が高温多湿になりにくいので、水虫を防ぐことができます。 ときどき陰干しをして、湿気を取り除いたり、いくつかの靴を交互に履くようにしましょう。

靴下を毎日取り替える

同じ靴下を何日も履く人は少ないと思いますが、水虫にならないためには足の清潔を維持することが大切なので、靴下は毎日取り替えるようにしましょう。

まめに床掃除をする

水虫の菌は、歩いている時でも床の上に落ちます。また、ベッドで寝ている時もほとんどの確率で水虫の菌が付着しているので、水虫の人がいる家庭では、特にまめに床掃除をしたり、布団を洗ったりして水虫がうつらないようにしましょう。

バスマットやスリッパは分ける

水虫はうつるので、家族の中に水虫の人がいたら、その人が履いているスリッパははかないようにしましょう。バスマットも見落としがちなので、水虫の人用のものと分けて使うようにしましょう。

靴を使い分ける

職場用の靴、日常用の靴など、靴を使い分けるようにしましょう。特に、窮屈なものは靴の中の空気が循環しにくいので、自分のサイズに合った靴をはきましょう。

水虫の対処法

水虫の症状が出たら早めに水虫の薬を塗るようにしましょう。市販薬で治るものもありますが、なかなか治らない場合もあるので、できれば皮膚科に行って、実際に水虫の状態を確認した上で処方された薬を飲むのがベストです。

また、薬は症状が出ている部分よりも広めに塗るようにしましょう。こうすることで、水虫が広範囲に広がりません。放っておくと、患部がどんどん広がってしまい、爪やかかとの治りにくい部分まで水虫になってしまうので自覚症状があった場合はすぐに医師に相談しましょう。 病院でもらった薬を使っていて、「かゆみがなくなった!」「水虫が消えた!」と思っても、すぐに治療をやめてはいけません。薬を塗り始めてから、症状が消えるまでに1~2ヶ月、症状が消えてから菌を死滅させるまでにさらに1~2ヶ月かかると言われています。

個人差は大きいですが、水虫の治療はこれほど治療期間が長いということです。完治させたいなら、根気強く薬を塗り続けていきましょう。

患部をかきむしったり、自分で削ったりして水虫を消そうとする人がいますが、これは絶対にNGです。他の細菌などによる感染が起こって余計に悪化したり、別の皮膚の病気になってしまうことがあるからです。気になる症状がある人は、すぐに医師に相談してくださいね。