話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » ルイボスティーの効果・効能ぜんぶ見せます » 熱中症

熱中症

このページでは、熱中症の予防に効果のあるルイボスティーについて説明をします。ルイボスティーがなぜ効くのか、その成分や美容効果が認められている点についても紹介します。

ルイボスティーの効果

ルイボスティーは熱中症予防に効果があるといわれているのは、ナトリウムやミネラルが豊富に含まれているからです。

人間は汗をかくと、水分とともに塩分、すなわちナトリウムを排出してしまいます。

この際、水分補給のために水を飲むだけでは体液が薄まってしまうだけで、効果がありません。ナトリウムやミネラルも一緒に摂取しないと、体内の正常な水分バランスを保てません。

そこでルイボスティーの出番です。

適度な濃度と適量のナトリウムやミネラルを摂るには、これら2つの成分がほど良く配合されているルイボスティーが効果的。

しかもノンカロリーで体に優しく、ノンカフェインなので幼い子供でも安心して飲めます。

まさに一石二鳥?美容効果もあり

ルイボスティーには熱中症予防の効果だけでなく、美容効果も認められています

美容効果としては以下の2点があります。

  • 高い抗酸化作用

まず抗酸化作用について説明します。

私たち人間には、年齢とともに活性酸素というサビが発生し、老化現象が進行していきます。活性酸素が増えると身体の抵抗力が弱まり、免疫力も低下してしまいます。

ルイボスティーには、抗酸化物質であるSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)が豊富に含まれています。

このSODが美容の大敵である活性酸素を無毒化してくれるのです。

  • フルーツ酸による美肌効果

次にフルーツ酸について解説します。

このフルーツ酸は「アルファヒドロキシ酸」と呼ばれ、美肌効果があります。ルイボスティーはこのフルーツ酸も多く含んでいます。

アルファヒドロキシ酸は聞き慣れない言葉ですが、「AHA」のことで、スキンケア化粧品やサプリなどで使われています。

AHAの有名な効果としては、肌の古い角質を取り除いて、肌のターンオーバーを正常化する点が挙げられます。

以上がルイボスティーに認められる美容効果です。

水分補給で熱中症予防をし、美容効果まで得られる。まさに一石二鳥のルイボスティーですね。

飲んだ人からの口コミ
  • ナトリウムのバランスに優れているので、汗で失われてしまった体内塩分やナトリウムの補給に役立ち、夏バテ、熱中症予防に最適です。最近の夏は猛暑ばかりですし、おすすめですね。
  • どうせ大量に飲むなら、美容効果の高いお茶が良いってことですね。せっかく飲むなら、喉の渇きがおさまるし美容にも良いしと、一挙両得なものがいいと思います。
  • ルイボスティーはわりと飲みやすいですが、「あんまり好きな味じゃないな」という人は、ルイボスティーでそのまま洗顔したり、化粧水代わりに使ったりすれば、美肌効果がありますよ。

なぜ熱中症になるの?

熱中症になる原理

梅雨明け頃から夏にかけてピークを迎える熱中症患者数。熱中症は夏に気をつけたい病気の一つです。熱中症とはそもそも人間が体の体温をうまく発散・調節できず体温が高くなってしまった状態です。症状としては痙攣や、吐き気、嘔吐、頭痛、意識障害などが引き起こされ、重篤な場合には命を落としてしまう危険もあります。

熱中症を引き起こす3つのリスク

熱中症を引き起こす原因は、「環境」「からだ」「行動」の3つに分けられます。気温や湿度の高さなど環境によるものは想像がつきやすいかもしれませんが、「からだ」と「行動」についてはピンとこない方もいるかもしれません。

人間の体温は、体内から汗を出すことで皮膚から熱を逃がし、過度に上昇することがないよう調節されています。ところが、水分摂取量が少なくからだがカラカラに乾いた状態になってしまうと、体温調節がうまくいかず、熱が体内にこもり熱中症になってしまいます。また、長時間の屋外作業や激しい運動を水分補給せずに続けてしまえば熱中症を引き起こすリスクが上昇してしまいます。

熱中症予防対策は水分摂取が大切!

日本救急医学会が発行している『熱中症診療ガイドライン2015』では、熱中症の予防・治療には塩分と水分の両方を適切に含んだものを摂取することが推奨されています。

熱中症では水分とともにNaなど電解質の喪失があるので、Na 欠乏性脱水が主な病態であり水分の補給に加えて適切な電解質の補給が重要である。そのため、熱中症の徴候を認めた際には特に塩分と水分が適切に配合された経口補水液(ORS:Oral Rehydration Solution)が適切である。

出典:『熱中症診療ガイドライン2015』
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/heatstroke2015.pdf

その点、ルイボスティーにはナトリウムが豊富に含まれているため、熱中症予防にはうってつけのドリンクと言えるのです。

夏バテにも効果的?

熱中症ほどではないにせよ、夏になると食欲不振やだるさ、消化器官の不調など身体的な不調をきたしがちです。「たかが夏バテ…」と思っていると、免疫力が低下して夏風邪をひいてしまったり、精神的な疲労とともにうつ症状につながったりする可能性も大いにあります。

夏バテの原因は、体内の水分やミネラルの不足、食欲不振による栄養不足、外気温とエアコンの効いた部屋との間の温度差により生じる自律神経の乱れなどが考えられます。また、夏の寝苦しさから夜よく眠れず、疲れを解消できずに夏バテになってしまうことも。

ルイボスティーは、他のお茶と比べてミネラルのバランスがとてもいいお茶と言われています。ナトリウムはもちろん、カルシウムやカリウム、マグネシウムなどが含まれており、原始の海や人の体内水分のミネラルバランスと近いのだそう。

ツイボスティの抽出液は、主要ミネラルのナトリウム・カリウム・マグネシウムのミネラル組成の比率が原始の海の組成比率、人間の体液の組成比率とよく似ている

出典:『健康茶ルイボスティの嗜好特性』名古屋女子大学紀要 1996
https://nagoya-wu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2237&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

ミネラルが豊富な南アフリカの大地で育てられたルイボスの葉を乾燥させて作られるルイボスティーは、まさに暑い季節にうってつけの飲み物です。スポーツドリンクやジュースでは糖分の取り過ぎが気になってしまうこともあります。その点、砂糖を入れずにゴクゴク飲めるルイボスティーで汗をかいて失われたミネラル分補給し、夏バテになりにくい習慣をつけることは健康的な方法です。

夏はルイボスティーをたくさん作って冷蔵庫で冷やしておき、いつでも飲めるように常備することで、熱中症だけでなく夏バテ予防をしてみてはいかがでしょうか?