話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » ルイボスティーの効果・効能ぜんぶ見せます » 二日酔い

二日酔い

二日酔いの時に飲むと楽になるルイボスティー。ルイボスティーが二日酔いにもたらす効果について、その作用や効果の程度、そして実際に活用した人の声を紹介します。

苦しい二日酔いの強い味方ルイボスティー

ついつい飲み過ぎてしまった翌朝の二日酔いは本当に苦しいものですね。

頭痛や吐き気、だるさなど、深酒の代償はとてもつらいとわかっていながら、ついつい飲み過ぎてしまうことも。

特に仕事が待っている日などは、どうにかして早く回復したいものです。ルイボスティーには、この二日酔いをすっきりと解消してくれる効果があります。

二日酔いの原因となるのは、アルコールが体内で分解される際にできるアセドアルデヒドという物質です。アルコールは体内に入ると、肝臓に吸収されます。

この時、肝臓に入ったアルコールはアセドアルデヒドに変わります。実はこのアセドアルデヒドは毒性の強い物質で、少量のアセドアルデヒドなら肝臓が処理することができるのですが、深酒をすると過剰にアセドアルデヒドが体内にできることになります。

その影響で、吐き気や頭痛が起こるのです。

また、それと同時にアルコールを分解するには大量の水が必要とされます。お酒も水分なのですが、アルコールの分解のためにどんどん体内の水分は使われてアルコールと一緒に体外に排出されてしまいます。

この時、ミネラルなども一緒に出ていってしまうので、体内のミネラル分も不足することに。ミネラルが不足すると今度は肝臓の働きが徐々に衰えていき、アルコールの分解能力も落ちていくという悪循環に陥ってしまいます。

二日酔いは、こういった悪循環が原因で起こる不快な症状なのです。

ルイボスティーを使った効果的な活用法

体内に過剰にできたアセトアルデヒドがさらに分解されるとき、活性酸素がたくさん作られます。

よく知られているように、活性酸素は細胞を傷つけたり肝臓の働きを悪くします。 ルイボスティーは、この活性酸素を取り除いてくれる酵素をたくさん含んでいることがわかっています。

肝臓の働きも助けてくれるので、早くアセトアルデヒドを排出してくれるというわけです。

また、日ごろからアルコールを飲む機会の多い人は、ルイボスティーを日常的に飲んでいると二日酔いになりにくいとされています。

<効果的なルイボスティーの飲み方>

  • アルコールを飲む前にルイボスティーを飲んでおく
  • ルイボスティー割にする
  • 日常的に濃いめのルイボスティーを飲む
  • 飲酒後にハチミツ入りのルイボスティーを飲む
飲んだ人からの口コミ
  • 仕事柄飲みに行く機会が多いので、ルイボスティーを会社の冷蔵庫に作り置きしています。お陰でつらかった二日酔いが激減し、翌日の仕事に影響しなくなりました。
  • 友人の勧めで飲んだ後は、必ずハチミツをたっぷり入れたルイボスティーを飲むようにしています。まさかこんなに翌朝がすっきりするとは思いませんでした。ぜひ試してみてください。
  • 以前はウコンを飲んでいたのですが、なにしろ味がイマイチ。ルイボスティーを知ってからはこれだけですが二日酔いの心配はほとんどなくなりました。