話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » ルイボスティーの効果・効能ぜんぶ見せます » アトピー

アトピー

抗酸化成分やデトックス効果で、花粉症を改善すると言われるルイボスティーを調査。アトピーっ子に試してほしいルイボスティー風呂のやり方も。

アトピーや花粉症でどのようなことが起きるの?

アトピーや花粉症は、長年その症状に悩む方の多い病気です。いずれもアレルギー疾患として分類される疾患です。

例えばアトピー性皮膚炎は、環境的な要因が関わって発症することが多く、アレルギー抗原が肌に接触し、アレルギー反応を示した結果、かゆみや発疹などの炎症を起こします[1]。アトピー性皮膚炎になると皮膚のバリア機能が低下し、非々が感想。ちょっとした刺激でも炎症を引き起こしやすくなります。肌のバリア機能が低下すれば、花粉や植物、ダニなどのアレルゲンが皮膚から体内に侵入しやすくなり、アレルギー炎症による皮膚炎がさらに悪化することも。

アトピーに悩む方の中には、花粉の飛ぶ時期になると症状が悪化する方がいるのは、肌のバリア機能の低下が原因となっているのです。

また、花粉症も花粉をアレルゲンとするアレルギー疾患です。鼻から花粉が体内に入ると、異物を認識する細胞が花粉抗原と出会い、体内で花粉抗原に対抗する抗体を作り出します。抗体はアレルギーの原因となる細胞に付着し、スギ花粉など体内に入ってきた抗原にさらに付してアレルギー症状を引き起こすヒスタミンやロイコトリエンなどの物質を放出するのです[2]。

参考[1]:アトピー性皮膚炎 - 厚生労働省[PDF]
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-03.pdf

参考[2]:的確な花粉症の 治療のために(第2版) - 厚生労働省 [PDF]
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000077514.pdf

アトピーや花粉症が改善される?

ルイボスティーが花粉症やアトピー改善に良いと言われる理由の一つが、ルイボスティーの持つ抗アレルギー作用です。ルイボスティーには抗酸化作用を有するフラボノイドやポリフェノールが多く含まれています。

これらの成分はLTB4放出を抑制し、体のアレルギー反応を抑制してくれます。

体に花粉などのアレルゲンとなる特異的IgEが侵入しても、これに反応する作用が抑えられればアトピーや花粉症などのアレルギー症状は緩和されます。

参考: 『各種市販茶のロイコトリエンB4放出抑制作用とラジカル消去活性およびポリフェノール含量との関係』日本食品科学工学会誌,55(3),2005 [PDF]
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk/55/3/55_3_87/_pdf/-char/ja

ルイボスティーがアトピーに良いと言われる理由以前「ルイボスティーが花粉症に効く」とテレビで取り上げられ話題になりました。ルイボスティーは花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を和らげる作用があるとされるのです。

そもそも自然由来のものなので、抗ヒスタミン薬といった薬剤とは違い副作用の心配も少ないため、治療に取り入れる医師も多数。医療の分野でもルイボスティーが活躍しています。

花粉症やアトピー性皮膚炎が起こる原因は、排気ガスや公害、食品に含まれる添加物。それらが食べ物・飲料水・大気を通して私たちの体に入り、活性酸素が過剰にできるためだと言われています。

この増えすぎた活性酸素を除去する働きを持つのが、ルイボスティーに含まれる「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」。体内の毒素を分解・排出し、デトックスしてくれるのです。

今日から実践!ルイボスティー風呂

今日から実践!ルイボスティー風呂アトピーでお悩みの人に試していただきたいのが、ルイボスティー風呂。副作用や体に負担がかかってしまうなどのリスクが少なく、赤ちゃんでも安心して続けられる入浴法です。なので、市販のアトピー対策グッズに抵抗があるママも安心です。

実際ルイボスティー風呂で数回入浴して、肌質に変化がある子ども少なくないそう。ちなみに、ルイボスティー風呂にはお肌をスベスベにする美肌効果もあるため、お母さんの美肌ケアにもおすすめです。

【ルイボスティー風呂の入浴方法】

  1. 体温よりも少し高めの温度で浴槽にお湯をはります。
  2. やかんにお湯を沸騰させ、ルイボスティーを15分煮出します。ティーバッグなら2袋、茶葉なら10gが目安です。
  3. 煮出したルイボスティを浴槽に入れます。小さなお子さんはヤケドの危険があるため、あらかじめ煮出したルイボスティーを浴槽に入れておくようにしましょう。
  4. 低めの温度に設定したら通常どおりに入浴してください。大きいお子さんの場合は、できれば1日3回程度、水遊び感覚で入るとより効果的です。
    ※サイト管理人である私が個人的に調べた方法ですので、ルイボスティー風呂をやる前にお医者さんなどにあらかじめ相談してくださいね。

貼っても良いかも!ルイボスティーで患部をパック

怪我などでお風呂に入ることが難しかったり、自分のお肌に合うのかな?と心配だったり、はたまた、ちょっともったいないかな?という気持ちでルイボスティー風呂に抵抗がある方も、もしかしたらいるかもしれません。 そんな方々にオススメなのが、直接肌に貼る方法。イメージとしては、湿布のようなものです。これなら、少しずつ試せるので、もし体に合わない場合でも安心ですし、たくさんルイボスティーを消費することもないですから、気軽に試すことができます。やり方は簡単、以下にまとめましたので、参考にしてください。

【ルイボスティーで患部にパックをする方法】

  1. ルイボスティーによってちがいますが、約10gの茶葉をしっかりと煮だします。
  2. 1のお茶を脱脂綿やガーゼなどにしみこませ、患部に載せます。
  3. そのサランラップでズレないように巻きつけます。
  4. 一時間以上そのままにする。 (個人差もありますので、徐々に時間を長くすることをオススメします。)

※上記の方法はインターネットで紹介されている一般的な方法です。心配な場合は一度かかりつけのお医者さまに相談されることをオススメします。

ルイボスティーの茶葉の選び方

アトピーや花粉症に悩む方の中には「農薬はアレルギー症状を悪化させる」などと言われることがあるため、できるだけ無農薬や有機栽培のものを選ぶ方もいるでしょう。

有機栽培をしっかりとおこなっている農場で作られた作物かを認定する、エコサートや有機JAなどの機関が認定しているルイボスティー茶葉なら、無農薬や有機にこだわる方も安心です。

商品名だけで判断せず、パッケージなどに「有機JAS」「エコサート認証」などの表示があるかを確認してみましょう。

 

また、基本的にルイボスティーは収穫されてから1〜1年半ほどで有効成分が減ると言われています。収穫時期が記載されているものならそれを参考に。もしも収穫時期が記載されていないものなら、できるだけ人気があり商品回転数が高く、新鮮なものが常に供給されていると思われるものを選ぶといいでしょう。

飲んだ人からの口コミ
  • 血液がサラサラになるという言葉に魅かれて家族で飲んでいたら、息子のアトピーが軽くなりました。去年は夏場でもお風呂あがりにクリームを塗らないといけないほどカサカサだったのに、体質が変わったのかな?と思います。
  • 家族みんなで安心して飲めるので助かります。特に、娘のアトピーには効果てきめん。小さい頃からひどいかゆみに悩んでいて辛そうでしたが、ルイボスティーを飲み始めてからはアトピーの症状がだいぶ和らいだようです。
  • 花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー…。アレルギー体質の模範生のような私でしたが、母に勧められてルイボスティーを飲み続けたら、体質がドンドン変わっていきました。湿疹やニキビ対策にもおすすめ。ルイボスティーを化粧水のように顔にパッティングすると症状が軽くなりますよ。
  • 朝イチでルイボスティーを飲むのが日課になっています。アトピー体質の娘のために、様々な改善法を試しましたが、どれも効果がありませんでした。しかし、たまたま知ったルイボスティーを娘が飲んだところ、驚いたことに痒みを訴えなくなりました。本当に凄いです!
  • 秋になるとひどい花粉症になり、鼻づまりやくしゃみが止まりませんでした。しかし、ルイボスティーを飲んでからは、鼻がつまらなくなってビックリ。一緒に飲んだアレルギー体質の長男も体調が良いみたいです。
  • 我が家ではルイボスティーを愛飲しています。主人は鼻炎、娘はアトピー性皮膚炎、息子は花粉症なのですが、ルイボスティーでだいぶ改善されてきました。しかし、飲むのを忘れた日は、調子が悪くなりそうになるので油断は出来ません。
  • アトピーにいいと聞いて飲み始めましたが、確かに効果があるような気がします。なんとなくかゆみがなくなったような気が。味も私は好きなので、よく飲むコーヒーと置き換えてみました。私はティーパックタイプをお気に入りのタンブラーに入れて飲んでいます。続けやすいのもいい点だと思います。ただ、どうしてもグレードの高い茶葉で有機となるとそれだけでお値段も少し高めに。そこだけが不満かな。もっと安く手に入れられるようになれば嬉しいと思います。
  • 我が家では一家そろってルイボスティーを飲んでいます。主人は、最初は「変な味」とあまり好きではなかったようですが、レモンを入れると飲みやすくなることを発見したらしく、すっかりお気に入りの様子です。私はホルモンバランスを整えたいので、豆乳と混ぜてチャイにして飲んでいます。毎日欠かさず飲めるのは色々アレンジしやすいからかな。子供のアレルギーもルイボスティーを飲ませ始めてからは少しかゆみが緩和されたようで、かきむしることが少なくなりました。
  • アトピー対策に飲み始めたところ、アトピーの改善の前に長年悩んでいた便秘が改善されました。アトピー症状が全くなくなる、というところまではいきませんが、前のように症状が夏場になると悪化するようなことも少なくなりました。また、肌も少し乾燥が治まったのは、腸内環境が整って皮膚が強くなったからかな?と思っています。アトピーを治すために飲む、というのはなかなか効果が出るまで時間がかかるかもしれません。アトピーの症状を悪化させないために飲むくらいの気持ちで始めてみるのが良さそうです。