話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » ルイボスティーの効果・効能ぜんぶ見せます » アンチエイジング・美肌

アンチエイジング・美肌

アンチエイジングや美肌に効果があると話題のルイボスティーの魅力を調べました。愛飲している人の体験談もあわせて紹介します。

飲むだけでデトックスできる奇跡のお茶

飲むだけでデトックスできる奇跡のお茶ルイボスティー美容・健康効果の高いお茶として、女性の間ですっかり定着しつつあるルイボスティー。もともとは花粉症やアトピー性皮膚炎に良いとされ注目されましたが、アンチエイジングや美肌のための成分もたくさん入っています。

私たちの身体は、年齢とともに活性酸素と呼ばれるサビが発生し、老化現象が進行していきます。活性酸素はある程度必要ではありますが、増えすぎた活性酸素は正常な細胞を傷つけ人間の体を壊してしまうのです。

この活性酸素が増えると身体の抵抗力が弱まり、免疫力が低下してしまいます。ほかにも、生活習慣病をはじめとするあらゆる病気の原因の85%がこの活性酸素だと言われているほど。病気だけでなく、シミ、しわといった肌の老化にも深い関係あるのです。

活性酸素を防ぐ成分「SOD」が決め手

ルイボスティーには、活性酸素による体の酸化を防ぐ抗酸化成分「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」をはじめとした、様々な抗酸化成分が含まれています。

市販されているお茶の抗酸化性を調べた研究によれば、ルイボスティーはイチョウ茶や緑茶と並んで高い酸化防止効果を示すことがわかっています。

この抗酸化性は、ケルセチンやカテキンなどの抗酸化成分をルイボスティーが多く含むことが原因ではないかと同論文内でも考えられています。

各種市販茶の大豆油とクジラ油の酸化に対する防止効果をランシマット法で調べた。〜中略〜クジラ油に対した会酸化防止効果を示したものはイチョウ茶,ルイボス茶,緑茶などで,ついで,麦茶,よもぎ茶,バナバ茶の順であった。〜中略〜イチョウ茶やルイボス茶にはポリフェノール類(ケルセチンやカテキン類)の抗酸化成分が多く含有

出典:(PDF) 『各種市販茶の抗酸化性とそれらの成分』日本栄養・食糧学会誌,52(4),1999[PDF]

また、ルイボスティーの抗酸化作用に関する研究はこれだけではありません。

抗酸化成分「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」は、体内の活性酸素を除去する機能を持つ酵素で、細胞のミトコンドリア内に多く存在しています。

SODがあることで、体が活性酸素により酸化されるのを予防してくれることから、抗がん剤などにも用いられている酵素なのです。

正確に言えば、ルイボスティーにSODそのものが含まれているわけではありません。本来SODは体内で作られるタンパク質でできている酵素です。

体内で合成されるSODは加齢とともに減少してしまいますが、ルイボスティーにはSODに似た作用を持つ酵素「SOD様酵素」が含まれているため、ルイボスティーはSODにより抗酸化作用があると言われることが多いのです。

ルイボス茶はSOD様活性など種々の生理活性をもつことが知られており,主にヨーロッパ,アフリカで健康茶として引用されている.我々はルイボス茶のメネキ応答に与える効果を調べる過程で,交代及びサイトカイン産出があるコルピン酸(AA)により顕著に影響を受けることを見出し,さらにAAの役割と意義につき検討したので報告する

出典:(PDF) 『2-II-13アスコルビン酸依存性のルイボス茶免疫応答誘導(第55回大会一般研究発表)』ビタミン,77(4),2003 [PDF]

このほかにも、ルイボスティーにはカリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分を豊富に含んでいます。こうした有効成分が、抗酸化機能という嬉しい効果を果たしてくれているのです。

南アフリカ産発酵茶であるルイボスティーについて数種のin vitroモデル系を用いてその抗酸化性の評価を行った. (1)ルイボスティー茶葉熱水抽出液及びルイボスティー熱水抽出物はリノール酸モデル系において強い抗酸化性を示し,ルイボスティー熱水抽出物はクエン酸との間に相乗効果を示した (2)生体モデル系である赤血球膜ゴースト系,ラット肝ミクロソーム系,ラット肝ホモジネート系においてもルイボスティー熱水抽出物またはルイボスティー茶葉熱水浸出液は濃度依存的に抗酸化を抑制した (3)ルイボスティーに含まれることが報告されているフラボノイド類から6種を選んで抗酸化試験を行ったところ,ルテオリントクェルセチンが特に強い抗酸化性を示した

出典: (PDF) 『ルイボスティー(Aspalathus linearis)の抗酸化性』日本食品科学工学会誌,46()12'.1999[PDF]

スキンケアもできるの?気になる驚きの使い方とは

ルイボスティーは、SODによるアンチエイジング効果があると言われています。
そのため、洗顔やパックとしても大活躍する優れものなのです。
ここでは、たるみ、シミ、シワ、毛穴の開き、乾燥、ニキビなどのアンチエイジングに効果的なおすすめの使い方について紹介しています。

洗顔法

  1. まず、手を洗って洗顔料を泡立てます。
  2. その泡でTゾーンなどの皮脂の多い部分から、顔全体まで泡を広げて洗っていきます。
  3. 次に、33℃~36℃くらいに温めたルイボスティーでやさしく洗い流します。
  4. 最後に、タオルで顔を押さえて水分を取ります。

注意点としては、ルイボスティーは一度服につくと落ちにくいので、専用のタオルを用意しておくと良いでしょう。

パック

  1. コットンにルイボスティーを含ませ、顔全体に乗せていきます。
    また、鼻の部分は、凹凸に沿ってコットンを切って乗せると上手くいきます。
  2. 3分間、コットンでパックした後、化粧水でスキンケアを行います。

スキンケアにおいては、ルイボスティーをお風呂に入れるのもおすすめです。
出がらしでも成分は抽出できるので、ティーパックを何個か集めて行うのも良いでしょう。

白髪が気になるという方にもおすすめ

ちなみに、ルイボスティーには上記のように美肌を目指すスキンケアのほかに、髪への対策にも役立ちます。 年を取ったと感じるのは、何もシミやシワだけではありません。髪の色艶、特に白髪も気になりますよね。 ルイボスティーには、一般的に白髪予防に好んで摂取される「銅」「亜鉛」「カルシウム」が多く含まれています。もちろん、先ほどから登場している「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」も助けてくれています。これらの成分から、白髪が気になるという方にルイボスティーはおすすめなのです。

カラートリートメントで生えてくるたびに染めていて、億劫だと感じていた方、根本から白髪対策をしようかなと思っていた方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

飲んだ人からの口コミ
  • ティータイムに紅茶がわりに飲んでいます。飲み始めてから腸の動きが良くなり便秘が解消されました。おかげで、悩みの種だったニキビや吹き出物ができにくくなるという嬉しい美肌効果も♪飲むだけで肌ケアできるなんてすばらしいですね!
  • はじめは健康のためにと飲み始めましたが、他の方の口コミと同じく私も美肌効果を実感!ニキビ、しわ、たるみ、あらゆる肌トラブルに効く気がします。
  • ここ1年、ルイボスティーを毎日飲んでいます。仕事やプライベートで少しでも無理をすると体調を崩していたのですが、体調が安定するようになり風邪も引きにくくなりました。周りからも「若返ったね!」とよく言われます。
  • ルイボスティーはノンカフェインのお茶として気軽に飲めるため、愛飲しています。味はまろやかで美味しいです。暑い時期は水分補給として多めに飲むためか、肌がスベスベになってきました。お通じが良くなったことも関係していると思います。これからも飲み続けていきたいですね。
  • タレントさんのブログでルイボスティーをおすすめしていたので、気になって購入。味はスッキリしていて飲みやすいし、お通じが良くなります。ルイボスティーは体型維持に役立っているため、旅先でも愛飲しています。健康面でもサポートしてくれるので、一生飲み続けたいお茶ですね。
  • ルイボスティーには様々な栄養素が含まれているほか、ノンカフェインなので生理中でも安心して飲めるのが嬉しい。紅茶のような渋みの少ない、上品な味も気に入っています。肌がツヤツヤしてきたし、生活には欠かせないお茶ですね。