話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » 知れば知るほどスゴイお茶!ルイボス大辞典 » 気になる味とおいしい入れ方

気になる味とおいしい入れ方

このページでは、ルイボスティーのおいしい入れ方や味、1日にどのくらい飲めばいいかの目安を紹介しています。

ルイボスティーのおいしい入れ方

ルイボスティーは、茶葉で売っているものもありますが、大半は便利なティーバッグ。ここでは、ティーバッグでおいしくルイボスティーを楽しむ方法を、4種類紹介します。

【1】スタンダードなお湯出し・水出しボトル

  1. ティーバッグを大きめのボトルやポットに入れ、水を注ぐ(メーカーによりますが、目安は1Lに対して1包)
  2. 沸騰したお湯を使う場合は2~3分程置き、水出しの場合は、8時間程常温または冷蔵庫に入れて保管

【2】やかんで煮出す

火を使うので多少の手間はかかりますが、ルイボスティーの有用成分をしっかり摂りたい方におすすめです。

  1. 鍋に水とティーバッグを入れ、強火で加熱(目安は上に同じ)
  2. 沸騰したら弱火にして、3~5分煮出す
  3. 火を止め、そのまま適温になるまで冷ましたら、出来上がり

【3】電気ポットで簡単に

電気ポットをお持ちの方は、この方法だと手軽です。

  1. 電気ポットに水とティーバッグを入れる(目安は上に同じ)
  2. 再沸騰ボタンで沸騰させ、後は保温にすればOK

【4】ペットボトルで手軽に

  1. ペットボトルの水を少し減らす (軟水の天然水がおすすめ)
  2. ペットボトルの口からティーバッグを差し込む(ティーバッグの先端が少し水に浸かる程でOK)
  3. ペットボトルの口から出ているティーバッグの端を折り返し、キャップを閉めて冷蔵庫へ
  4. 数時間後キャップを開け、ティーバッグの外に折り返してあった部分を摘み、そのまま引き抜く

※ものによってはティーバッグが破れる恐れがあるため、ご注意ください。

なお、ルイボスティーは長く煮出すほどその成分が抽出されるそう。「お茶を長めに煮出すと苦くならないの?」と思ってしまいますが、ルイボスティーはノンカフェインなのでそれもないとのこと。手間はかかりますが、美容と健康のために、20~30分は置いてみてください。

 
 

ルイボスティーの味と1日の摂取量

気になる味と、1日に飲む量について調べました。

ルイボスティーはどんな味?

おいしくできたルイボスティー、果たしてどんな味がするのでしょうか?一般的には、ノンカフェインなので口当たりがよく、クセがなくて飲みやすいと言われています。例えると、渋さのない紅茶みたいな感じ…とか。茶葉の品質にもよりますが、高級なものは多少甘めでまろやかな味だそうです。

個人の好みもあると思いますが、もし口に合わない時は、別の茶葉をブレンドしてみたり、牛乳を加えてミルクティーにする飲み方も。是非、自分に合ったルイボスティーと飲み方を探してみてください。

どのくらいの量を飲めばいいの?

ルイボスティーの1日の摂取量は、500mlが目安だそうです。しかし、飲み始めたばかりの方は1日コップ1杯(200ml)くらいでもOK。逆に、500ml以上飲んでも全く問題ありません。お好きな方は、食事のたび・喉がかわくたびに飲むので、1日2リットル以上飲むこともあるそうですよ。

ノンカフェイン・ノンカロリーなので、ついガブガブ飲んでしまいがちですが、飲みすぎはやはり良くありません。水分を摂りすぎるとお腹がゆるくなってしまう方は、気をつけて飲んでくださいね。