話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » 知れば知るほどスゴイお茶!ルイボス大辞典 » 妊娠中・授乳中・赤ちゃんにもOK!

妊娠中・授乳中・赤ちゃんにもOK!

妊婦さんや授乳中のママに最適な飲み物、ルイボスティーの効果を解説!ママだけでなく胎児や赤ちゃんの健康にも良いされる理由を詳しく紹介しています。ママ達の口コミも必見です!

妊娠中・授乳中の女性に最適な飲み物

ルイボスティーは赤ちゃんにも!南アフリカの大自然で栽培されたルイボスは、ノンカフェインでミネラルやSOD酵素といった健康や美容に良いとされる成分を豊富に含んでいます。そのため、妊娠中や授乳中でも安心して飲めます。

もちろんノンカロリーだから、妊娠中の体重増を気にする女性も安心です。それに、ルイボスティーはマグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどのミネラルがバランス良く含まれているため、授乳中のミネラル補給には最適!

妊娠中は、お母さんの体のミネラルが胎児の成長をサポートします。お母さんのミネラルが足りないと、子どもの骨や歯が弱くなってしまう恐れも…。こうした理由からも、妊娠・授乳中にルイボスティーは適した飲み物だと言えるのです。

赤ちゃんの健康サポートにも最適

さらに嬉しいのが、赤ちゃんにも最適な飲み物だということ。成長に必要なミネラルが豊富なうえに、腸の中をきれいにする働きもあり、健康な体づくりをサポートしてくれます。

もちろん赤ちゃんにも味の好みがあるので、最初は水で薄めて徐々に濃くする方法でOK。粉ミルクを溶く際、お湯のかわりにルイボスティーを使うのもオススメです。便秘気味の赤ちゃんには積極的にルイボスティーを飲ませてあげましょう。

飲んだ人からの口コミ
  • ノンカロリーだから、妊娠中でも体重が増えることを気にせずガブガブ飲めて助かりました。利尿作用があるからか、むくみがほとんど無く、快適な妊婦生活が送れて感謝しています。
  • 授乳中にカフェインを摂ると赤ちゃんが情緒不安定になると聞いてカフェインを控えています。赤ちゃんにも良いそうなので、もう少し大きくなったら飲ませてあげようと思います。
  • おむつかぶれや湿疹が出た時、ルイボスティーをパッティングしたり、ルイボスバスを実践したりしています。炎症をやわらげる効果があるのでおすすめです。

ルイボスティーに不妊改善効果があるという噂は本当か?

健康効果やアンチエイジングに最適と言われているルイボスティー。健康効果が注目されはじめ、徐々に知名度を上げてきていますが、実は不妊治療や不妊体質の改善にも効果が期待できると言われているのです。

そこで今回は、ルイボスティーの不妊に対する効果について、成分による効果を中心に詳しく紹介していきたいと思います。

活性酸素を減らして妊娠しやすい体をつくる

ルイボスティーには、良質な「SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素」が含まれています。これは細胞内で発生した活性酸素を分解して除去する酵素とされており、この酵素が妊娠効率を上げるのではないかと考えられています。

人が呼吸によって酸素を取り込むと、その約2%は代謝などの過程で「毒素」となります。この毒素こそが、体を老化に導く活性酸素です。活性酸素そのものは毒素ではありますが、体外から侵入する菌を殺す作用があるため必要不可欠な存在です。

しかし、活性酸素は増え続けるとさまざまな病気の原因となったり、エイジング(加齢)の元になると言われています。これは、活性酸素が体の至るところで酸化を引き起こして、体の内側から錆びを進行させてしまうため。

その酸化を抑えるものが、ルイボスティーに含まれるSOD様酵素なのです。

活性酸素が体の中で増えすぎると、卵巣・精巣機能や子宮などさまざまな部分に影響を与え、女性の排卵障害や卵巣機能不全など、不妊を引き起こしやすい原因をつくってしまいます。[1]

また、活性酸素が過剰になると男性の持つ精子の質までも低下して、受精障害を引き起こすなどのトラブルが考えられます。

ルイボスティーに含まれる酵素には活性酸素の働きを抑制する力があります。たくさん増えすぎてしまった活性酸素に対して、高い抗酸化作用を発揮するため、エイジングのスピードを遅らせながら、妊娠のしやすい体づくりをサポートしてくれます。

豊富なミネラルで体調を整える

ルイボスティーには、神経の乱れを落ち着かせるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれています。サプリメントなどからミネラルを摂る必要がないので、妊活中や不妊治療時の心強い味方になってくれます。

ルイボスティーに含まれるマグネシウムやカルシウムは体の神経系に働きかけ、自律神経の働きを正常化するのに役立ちます。

ルイボスティーには100gあたり10gの鉄分が含まれていますが、鉄分には貧血を改善する効果のほか、継続的に摂取することで造血作用や血のめぐりが良くなっていきます。

また、鉄分やカルシウムと同じミネラル類である亜鉛は、生殖機能の維持に必要不可欠な成分です。こちらは男性にとっても嬉しい成分で、摂取することによって男性不妊の原因にアプローチし、精子の質を上げてくれるとされています。

イライラや妊娠を焦る気持ち、不安感などには、神経系のバランスを整えてくれるルイボスティーを積極的に摂るようにしましょう。食事の前後はもちろん、ちょっと水分が欲しい時や寝る前などに軽く一息つくと、心も体も落ち着いてきます。

ミネラルが豊富で、活性酸素を除去する成分が含まれているため、毎日継続して体に取り入れていくことをおすすめします。

さらに、ルイボスティーにはストレスを軽減するフラボノイドが含まれており、鉄分の吸収を妨げる「タンニン(お茶の渋み成分)」が少ないため、取り入れたミネラルをしっかりと体の中に吸収することができます。

冷え症の方、原因不明の不妊に悩むカップルの方、貧血症状が強い方は、いずれも不妊症とは無関係ではありません。ぜひルイボスティーで体内のバランスを整えながら、妊娠しやすい体質を目指してみてください。

【参考URL】

参考[1]:『クリニカルカンファレンス4 内分泌学の進歩 1)生殖機能調節における活性酸素の役割』生水 真紀夫・杉野 法広・千石 一雄
http://www.jsog.or.jp/PDF/60/6009-245.pdf