話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » 知れば知るほどスゴイお茶!ルイボス大辞典 » きっと納得Q&A

きっと納得Q&A

話題の健康茶であるルイボスについて調べました。気になる味や香り、おいしい飲み方などをQ&A形式で分かりやすくまとめています。

ルイボスティーにかんするよくある疑問

今話題のルイボスティー。名前を聞いたことがあっても、飲み方や、味、香り、摂取量など、意外と分からないことが多いですよね。そこで、ルイボスティーをさらに身近に感じてもらうために、気になる疑問をQ&A形式で紹介したいと思います。

---Q.ルイボスティーってどんなお茶?

ルイボスティー古来より南アフリカの大自然に育つルイボスの葉を自然発酵させたお茶です。昔から、「不老長寿のお茶」として親しまれ、1905年以降は世界各国で健康茶・美容茶として飲まれ続けています。

日本に入ってきたのは数十年前。カリウム、マグネシウムなどのミネラルを含み、活性酸素を抑える働きをもつSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)様酵素が含まれていることが判明してからは、さらに多くの人々に愛されています。

---Q.どんな効果があるの?

ルイボスティーに含まれるSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)様酵素には、体のサビ=老化を防ぐ働きがあります。肌のターンオーバーを活性化させる効果があるため、美肌づくりにも有効。卵子の老化も防ぐ働きがあるので、妊娠を望む女性にもおすすめです。

ほかにも、アレルギーを招くヒスタミンの生成を防ぐ働きがあり、アトピーや花粉症にも効くと言われています。むくみ、冷え、脂肪燃焼、血流促進、アンチエイジングなどあらゆる効果があります。

---Q.お肌に効くって本当?

ルイボスティーには老化を遅める=若さを保つ効果があるため、しみ、しわ、そばかす、乾燥などあらゆる肌トラブルに有効です。また、ルイボスティーのティーバッグを浴槽に浮かべる「ルイボスティー風呂」を実践し、ニキビや湿疹が改善されたという方もいます。

---Q.1日にどれくらい飲めばいいの?

ルイボスティーの1日の摂取量は500mlが目安とされています。とはいえ、飲み始めの方は1日1杯程度(200ml)くらいでもOK。ノンカフェイン、ノンカロリーなので大量に飲んでも問題ありません。なかには1日2リットル飲む方もいます。

---Q.どんな味?

ノンカフェインなので口当たりがよく、まろやかな甘い香りが特徴です。質の良い茶葉だと濃く美しい赤い色が出ます。子どもからお年寄りまで飲みやすい味です。