話題の健康茶・ルイボスティーガイド

美容・健康に続けたい! ルイボスティーガイド

ルイボスティーガイドTOP » 知れば知るほどスゴイお茶!ルイボス大辞典 » ルイボスティーとは

ルイボスティーとは

まず、ルイボスティーとはどのようなお茶なのでしょうか?気になる産地や原料・成分をリサーチしてみました。

ルイボスティーの産地・原料

ルイボスティーの原料となるルイボスは、マメ科の針葉樹。アフリカ大陸南端に位置する、南アフリカ共和国の≪セダルバーグ山脈≫一帯で栽培されています。

実は、ルイボスを栽培できるのはこの土地だけ!

乾燥していて朝夕の気温差が30℃以上あり、ミネラル豊富な土壌なのだそう。

ヨーロッパでもルイボスを育てようと試みたこともありましたが、失敗に終わったとか。他の地域では育たないなんて、とても希少なお茶なのですね。

ちなみにルイボスティーが登場したのは20世紀初頭。現地の人たちが、落葉して発酵したルイボスを煎じて飲んだのが、ルイボスティーのはじまりと伝えられています。

イギリス・オランダを中心にヨーロッパで需要を広げ、日本には25年前くらいに上陸。今では様々なメーカーから売り出される人気のお茶になっています。

なお、「ルイボス」とういう名前は、オランダ語から派生したアフリカーンス語で「rooi(赤い)bos(薮[やぶ])」が語源とのこと。ルイボスは、落葉すると赤褐色になるそうで、その葉を発酵・乾燥させたものが茶葉になります。だからルイボスティーは、赤いキレイな色をしているのです。

ルイボスティーの成分

そんなルイボスティーには、どのような成分が入っているのでしょうか?

ルイボスティーには、タンパク質のほか、カルシウム・マンガン・鉄・セレン・マグネシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれています。

そのミネラルがバランス良く含まれていることが特長なのですが、中でも、体内において増え過ぎた活性酸素を除去してくれる【SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)酵素】が多く含まれていることに注目が集まっています。(活性酸素は体内に必要なものなのですが、増えすぎると逆効果になってしまうため、注意が必要なのです。)

ミネラルやSOD酵素には、健康な体になるための様々な効果があると言われています。

ルイボスティーを飲んで、体の悩みを解決しませんか?